先進医療認定施設 日帰り白内障手術 涙目の治療

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0166-51-2111
旭川市末広1条1丁目
(春光小学校前)
トップページ > 診療内容 > 日帰り白内障手術

日帰り白内障手術Day Cataract Surgery

白内障とは?Cataracts

白内障は眼の中の水晶体が濁る病気です。進行すると、視力が下がったり、ものがかすんで見えづらくなります。人によっては近視が進んだり、乱視が増えることもあります。

原因は加齢によるものがほとんどです。80歳代ではほぼ100%認めますので、病気というよりは加齢現象といってもよいのかもしれません。それ以外の原因としては外傷などのケガ、糖尿病、ステロイド剤の長期内服、放射線照射、アトピー性皮膚炎、硝子体手術後、先天性などがあります。

以前は目薬でできるだけ様子をみることが多かったのですが、手術技術が進歩したことにより、現在ではある程度見えづらくなったら手術をして治療する時代となっています。

とはいえ、当院では患者さんのライフスタイルや希望に合わせて、手術時期は柔軟に対応しております。特に困っていなければ点眼などを処方して様子をみることも可能です。

ページトップへ戻る

当院の白内障手術の特長Features

・痛みが少なく短時間で正確かつ丁寧な手術
・乱視矯正レンズや多焦点レンズに対応
・大学病院レベルの難治症例も当院で可能

白内障手術は当院が最も力を入れており、得意とする治療です。当院では白内障手術で視力を回復させるだけではなく、できるだけ視機能(見え方の質)を損なわない手術を目指しています。一般的に切開傷が小さいほど乱視の発生を抑えられるため、当院では可能な限り小さな切開傷の手術を追及しており、国内でも最小クラスとなる1.9mm程度の切開傷での手術が可能です。また患者さんの眼に合わせたオーダーメイドな手術に職人的なこだわりを持っており、元々の乱視を少しでも減らすよう乱視矯正入り眼内レンズの積極的な使用、症例による切開位置(上方、上耳側、耳側)及び切開方法(経結膜強角膜1面切開、角膜1面切開)を使い分け、一眼一眼に心を込めて手術をいたします。

特に合併症のない通常の方の場合、麻酔は目薬のみで行い、手術にかかる時間は5~10分ですが、決して雑にならないよう丁寧かつ正確な手術を追求しています。手術後は少しの間休憩していただいた後に帰宅が可能です。

当院では、進行した白内障、外傷・チン小帯断裂などのいわゆる難症例や、水晶体及び眼内レンズの脱臼・落下といった特殊な症例に対する手術も積極的に行っています。嚢内摘出術、嚢外摘出術(現在はまず行われませんが)、眼内レンズの交換手術、眼内レンズ縫着術(レンズの足を目に縫い付ける術式)、眼内レンズ強膜内固定術(レンズの足を目に埋め込む術式)などの特殊な手術をはじめ、症例に応じて小切開硝子体手術の併用も可能です。緑内障を合併する患者さんの場合、症例によってはiStentなどの低侵襲緑内障手術を併術することもできますので、何でもご相談ください。

普通に通院していただいているほとんどの患者さんは日帰り手術が可能ですが、全身の状態が良くない場合、局所麻酔のみで安静を保てないと判断した場合、術後の点眼が正しく行うことが困難な場合などは総合病院での入院手術をお勧めする場合があります。

ページトップへ戻る

乱視矯正レンズや多焦点レンズに対応Toric Intraocular Lens and Multifocal Intraocular Lens

現在の白内障手術において、眼内レンズの選択は非常に重要となっています。大きく分けて、眼内レンズには単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの2種類があります。単焦点眼内レンズは従来からある眼内レンズで、1ヵ所に焦点が合うレンズです。焦点が合う距離は非常にクリアに見ることができますが、それ以外の距離ではぼやけてしまうため、概ね眼鏡が必要となります。多焦点眼内レンズは大きく分けて、二焦点眼内レンズ、三焦点眼内レンズ、焦点深度拡張型眼内レンズの3種類があり、それぞれ長所と短所があります。

サンプルイメージ

<乱視矯正眼内レンズ>
院長は乱視矯正眼内レンズが発売された2009年から多数の使用経験があり、適応症例の選択や乱視軸の決定、手術ノウハウも豊富です。レンズ代は手術代に含まれているので、通常の手術と比べて割高になることはありません。このため当院では術前精密検査の結果から乱視矯正眼内レンズを入れた方がより良い視力および視機能が得られると判断した場合は積極的に挿入しております。ただし乱視の種類によりこのレンズが入れられない方もいます。

サンプルイメージ

<多焦点眼内レンズ(先進医療)>
大きく分けて遠くと近くの2つの焦点を持ったレンズ、遠くと中間と近くの3つの焦点を持ったレンズ、遠くから中間距離まで連続的に焦点が合うレンズの3種類があります。前者2つについてはおおむね眼鏡のいらない生活をすることが可能となります。当院は先進医療施設に認定されており、手術代のみ自己負担、その他の診療・検査・投薬代は保険適応となります。

片眼 450,000円 (三焦点は550,000円)
※診察・検査・投薬代は別途かかりますが保険適応となります。

image
image

<FINEVISION(ファインビジョン)遠・中・近3焦点レンズ>
PhysIOL社(ベルギー)製の3焦点型多焦点眼内レンズ。夜間のグレアやハローが国内で承認されている従来の2焦点眼内レンズよりも少ないのが特徴です。またトーリックのモデルもあるため、乱視の矯正も可能です。このレンズはオーダーメイドの特注となり、ヨーロッパからの輸入となりますので眼内レンズを決定してから約2~3週間の時間をいただいております。

片眼 498,000円(税込) (自由診療)
※手術後3か月間の診察費・薬代を含みます。





image
image

<MINIWELL Ready(ミニウェル・レディ)>
SIFI MedTech社(イタリア)製の焦点深度拡張型多焦点眼内レンズ。多焦点眼内レンズの弱点であるグレア、ハローやコントラスト感度の低下がほぼないという画期的なレンズです。遠くから中間距離までを非常にクリアに見ることがてきます。このレンズはオーダーメイドの特注となり、ヨーロッパからの輸入となりますので眼内レンズを決定してから約2~3週間の時間をいただいております。

片眼 498,000円(税込) (自由診療)
※手術後3か月間の診察費・薬代を含みます。





ページトップへ戻る

治療の流れFlow of Treatment

1.診察・適応の決定
診察にて白内障の進行具合を評価し、白内障手術が必要かどうか、別の病気がないかをチェックします。別の病気があっても白内障手術自体を施行することは可能ですが、病気によっては患者さんの思うような改善が得られないこともあります。患者さんの期待する術後の見え方と医師が予想する術後の見え方に乖離がある場合は手術は勧めません。

2.術前検査(手術日の数週間前)
患者さんの眼の詳しい検査を行います。患者さんの希望を伺いながら検査の結果を踏まえて、挿入される眼内レンズの種類や度数が決まります。更に手術内容の詳しい説明や手術前後のオリエンテーションがあります。

3.手術当日(院内滞在時間は2時間弱です)
来院してから目薬や点滴などの準備をしてから手術を行います。手術直前にはリラックスルームで過ごしていただきます。通常の方であれば手術時間は5~10分程度です。終わったら少しの間休憩してからすぐに帰宅が可能です。特に希望がない限りは感染予防のため術後は眼帯をしてもらっています。

4.術後診察
翌日診察前に眼帯を外します。術後2~3日目に視力検査を行います。その後は1週間後、2週間後、1か月後、2か月後、3か月後、6か月後、1年後の定期検診があります。術後の合併症を見逃さないためです。

ページトップへ戻る

手術の内容についてContents of Surgery

・麻酔は点眼麻酔です。
ベノキシールといわれる表面麻酔点眼剤を用います。これは手術時だけではなく外来でも広く使われているものです。

・眼の黒目の端に約2mmの傷を作成します。
作成する傷の幅はその方の角膜の形状や切開する位置によって変えており、1.9mm~2.2mmの間で調整しています。傷の長さも患者さんに合わせて創閉鎖しやすいよう微調整します。

・水晶体の袋の一部を切り取ります。
前嚢といわれる水晶体の表面の膜を丸く切り取ります。挿入する眼内レンズの直径をわずかに超えない程度のサイズでほぼ正円になるように切開しています。

・水晶体の中身だけを超音波の器械で吸い取り、その中に人工レンズを埋め込みます。
ほとんどの症例ではPhaco Chop法といわれる安全で効率のよい方法で水晶体核を除去し、I/Aと呼ばれるチップで残った皮質を吸引します。その後丁寧に水晶体の膜(前嚢・後嚢)を磨きます。その後、眼内レンズをインジェクターと呼ばれる器具にセットして眼内に注入します。眼内レンズは所定の位置に回転させて固定します。

・傷はほとんどの場合縫うことなく閉じます。
眼内に眼潅流液を注入し、圧を高めて傷を閉鎖させます。傷が閉じない場合は、ナイロンの非常に細い糸で縫合することもありますが、極めてまれです。

上記は通常の方の場合ですので、患者さんの眼の状態により、別の麻酔(テノン嚢下麻酔)を追加したり、別な操作(瞳孔の拡張操作、水晶体嚢の補強具の挿入)を行うこともあります。

※水晶体嚢の補強具の挿入
チン小帯という部分が極度に弱い患者さんの場合に行う処置です。カプセルエキスパンダー(CE)または水晶体嚢拡張リング(CTR)と呼ばれる器具を眼内に挿入します。特にCTRは眼内にそのまま留置でき、術後長期にわたって、眼内レンズの位置を安定させます。

ページトップへ戻る

手術の費用Cost of Surgery

3割負担の方 約45,000円(片眼)
2割負担の方 約15,000円(片眼)
1割負担の方 約15,000円(片眼)


※前期高齢者受給者証持参の方、または後期高齢医療保険の方で1割負担の方は両眼でも上限18,000円(もしくは8,000円)です。
※多焦点眼内レンズを使用した場合は約450,000円~550,000円(片眼)です。

各種クレジットカードの他、医療ローンによる分割払いなど多種多様な支払いに対応していますので、受付にお問い合わせください。

ページトップへ戻る
(C)2014-2018 Izumi Ganka. All Rights Reserved.