先進医療認定施設 日帰り白内障手術 涙目の治療

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0166-51-2111
旭川市末広1条1丁目
(春光小学校前)
トップページ > 採用情報

採用情報Careers

当院では患者さんの増加に対応するため、一緒に明るく、楽しく、長く働いていただける仲間を募集しています。

・丁寧に心を込めて患者さんに向き合える方
・素直な心を持っていて、向上心のある方
・周りと協調性をもって仕事に取り組むことができる方

上記のような方で、当院の理念、基本指針に共感していただける方であれば、経験や年齢は不問です。

履歴書を当院に送っていただき、書類選考の上、2次面接を行いますので、該当者にはご連絡させていただきます。不採用の場合は1週間程度で通知いたします。

いずみ眼科採用専用サイトもございますのでご覧ください。

いずみ眼科では、応募フォームからの募集またはご質問を受け付けております。ご応募いただいた方には追ってご連絡させていただきます。


求人募集要項Application Requirements

募集職種 眼科医師(常勤、非常勤どちらも可) 常勤の場合1名まで、非常勤の場合若干名
雇用形態 正社員、パート
応募資格 眼科医
就業時間 変形 1ヶ月単位
平日 08:30~18:30
土曜日 08:30~12:30
パートの場合は柔軟に対応します
勤務地 いずみ眼科
〒071-8131 旭川市末広1条1丁目
選考方法 書類選考後、面接
応募・お問い合わせ まずは事前見学をお勧めします。詳細は事務長(taketoshi@izumiganka.jp)または院長までご気軽にお問い合わせください。

当院は旭川市北部における地域密着型の無床眼科クリニックです。院長は白内障手術、涙道手術を専門としていますが、地域のニーズに耳を傾けることを重視しており、いわゆる一般診療が大半を占めます。白内障、緑内障、眼底疾患、外眼部疾患、前眼部疾患、眼鏡合わせ、コンタクト処方などが中心となります。現在院長とパート医師の2名体制で診療をしていますが、クリニックの患者さんの増加に伴い、一緒に働いていただける仲間を募集することになりました。患者さん第一で丁寧に診療していただける医師なら大歓迎です!

当院では職員の働きやすさを大切にしており、コメディカルスタッフだけではなく医師も同様です。医師の希望する働き方やキャリア、得意分野により、快適に働ける環境を提供します。クリニック勤務医は、開業医と違いマネジメント・人事労務などにエネルギーを削がれることなく、診療に集中することができるのが大きなメリットです。またクリニックですので、夜間当直はなく、総合病院にあるような各種院内会議や煩雑な書類作成は非常に少ないです。

ご本人の希望があれば、経験により手術の執刀も可能ですし、外来診療のみでもかまいません。当院で硝子体手術、緑内障手術、角膜手術、眼瞼結膜手術など医師の専門に応じて様々な手術を行うこともできます。白内障の患者さんは大変多く、希望によっては総合病院ではできないような多数の執刀も可能です。

当院は難症例を含む多数例の白内障手術、涙道・眼瞼手術を主に行っているほか、眼科無床クリニックとしてよりよい経営・運営の追求、地域患者さん及び職員さんから愛される院内環境作り、業務効率化システムの構築とそのコンピューター運用に強みを持っており(とはいってもまだまだ勉強中ですが)、これから実力をつけようとしている眼科専攻医や、クリニック勤務医として眼科医の仕事に専念したい医師、近い将来開業を考えている医師まで、長期勤務に拘らず短期研修や期限付きの勤務も可能です。

随時見学を受け付けておりますので、まずは院内の雰囲気、診療内容を実際に見学していただければ幸いです。

正職員希望の場合、給与条件は経験年数やキャリア、手術の執刀の有無により相談させていただきます。

パート希望の場合、勤務曜日、時間は応相談です。月に1~2回程度の勤務や不定期の勤務などにも対応しています。北海道内はもちろん、首都圏などからの出張勤務も可能です(過去に実績あり)。現在病院勤務中の医師で、勤務外の土曜日のアルバイトを希望される場合は病院の副業許可をお取りください。

例) 札幌在住の医師 日帰りプラン 自宅→札幌駅→旭川駅→当院勤務→旭川駅→札幌駅→自宅 (タクシー代、JR代別途支給)
 月・火・水・木・金・土どの曜日でも対応可能です。複数曜日も可能。連続の場合はこちらでホテルの用意も可能。

例) 東京在住の医師 宿泊プラン 自宅→羽田空港→旭川空港→(ホテル)→当院勤務→(ホテル)→旭川空港→羽田空港→自宅 (タクシー代、飛行機代別途支給)

■外来機器
・Zeiss式スリットランプ
・紙カルテ(画像やオーダリングは電子カルテ)
・熟練したスタッフが介助およびシュライバーとしてつくため診察に集中できます
・HFA ・GP ・Hess ・OCT(現在angioはありません)
・FAG、ICGは施行していません
・眼底カメラ ・Optos ・IOLマスター700
・ウェーブフロントアナライザー
・中心フリッカー ・Aモード、Bモード超音波
・グリーンレーザー ・YAGレーザー

■手術機器
・Zeiss手術顕微鏡
 ルメラを使っており、視認性は問題なく、見づらいということはないと思います。硝子体手術件数は多くないため、現在広角観察システムは使用できません。
・ステラリスPC
 ベンチュリーですがステーブルチャンバーにより安定性抜群で、破砕力も全く問題ありません(開院以来ECCEは1件もありません)。他機種しか使ったことがない人でもすぐ慣れると思います。院長もインフィニティからの乗り換えです。硝子体手術も同時にでき、キセノン照明が内蔵されており、カッターは5000回転です。
・涙道内視鏡、鼻内視鏡
 ファイバーテック社製の最新のHD画質の涙道内視鏡と鼻内視鏡が使用できます。盲目的NSTの経験があっても涙道内視鏡は別物と考えた方がよく、確実にラーニングカーブがありますので希望があれば指導可能です。
・眼瞼CO2レーザー
 出血が減り手術時間の短縮が可能です。希望があれば指導可能ですが、こちらはすぐにできるようになります。

こちらに求人をご覧いただいた眼科の先生向けに院長からのメッセージがあります。
(C)2014-2021 Izumi Ganka. All Rights Reserved.