医療法人社団いずみ眼科 旭川市末広1条1丁目 日帰り白内障手術 涙目の治療

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0166-51-2111
旭川市末広1条1丁目
(春光小学校前)
トップページ > 院内設備

院内設備Equipment

当院の診療機器Medical Eqipment

写真:乱視矯正眼内レンズ

液晶視力検査表

当院の視力検査表で、2台設置しています。これを用いて視力の測定を行います。画面は液晶で表示され、壁掛け式となっています。

写真:乱視矯正眼内レンズ

オートレフケラトトノメーター

この器械1台で屈折検査、角膜曲率測定、眼圧測定の3つの検査が同時に可能です。検査する毎に移動の必要がないため、体の不自由な方でも負担が少なくて済みます。

写真:乱視矯正眼内レンズ

ウェーブフロントアナライザー

角膜の詳細な形状測定(波面収差測定、角膜形状測定など)を行い、特に白内障手術時の眼内レンズ選択に威力を発揮します。瞳孔径の測定も可能です。道北地区にはほとんど導入されていない機器です。

写真:乱視矯正眼内レンズ

スペキュラーマイクロスコープ

角膜の内皮細胞の状態を計測する器械です。白内障やレーザー手術適応の決定や術後の角膜へのダメージを測定します。特に白内障手術前後によく用いられます。

写真:乱視矯正眼内レンズ

光学的眼軸長測定装置

眼球の前後の長さを0.01ミリ単位で正確に計測する器械で、白内障手術の術前検査で使います。この器械の登場により、眼内レンズの測定誤差は飛躍的に減少しました。より高い測定精度が求められる多焦点眼内レンズやトーリック眼内レンズを使用する上で非常に重要な器械です。

写真:乱視矯正眼内レンズ

超音波Aモード

上記と同様に眼球の前後の長さを計測します。光学的眼軸長測定装置が登場する前に従来用いられていた機器です。特に白内障が強い方の場合、光学的眼軸長測定装置では計測ができないことがあり、こちらの機器で計測します。

写真:乱視矯正眼内レンズ

レーザーフレアメーター

目の中の炎症の程度を数値化することにより精密に測定する器械です。特に白内障手術前後やぶどう膜炎の経過観察に有用です。

写真:乱視矯正眼内レンズ

ハンフリー自動視野計

自動で視野を測定する器械です。特に緑内障の診断や経過観察によく用いられます。大学病院をはじめ、国内及び海外で最もよく使われている機種であるハンフリー自動視野計を1台設置しています。

写真:乱視矯正眼内レンズ

ゴールドマン視野計

手動で視野を測定する器械です。ハンフリー自動視野計よりも広範囲の視野が測定でき、視神経疾患、脳疾患による視野異常の検出や進行した緑内障の経過観察に有用な器械です。

写真

散瞳型眼底カメラ

眼底を撮影するカメラです。これにより眼底の詳細な所見を記録することができます。蛍光眼底造影検査もこの器械で行われます。

写真:乱視矯正眼内レンズ

光干渉断層計(OCT)

網膜や視神経の詳細を観察する器械です。ここ数年で画像の解像度が格段に良くなり、特に網膜の黄斑部の病気や緑内障の診断、経過観察に非常に有用です。

写真:乱視矯正眼内レンズ

グリーンレーザー光凝固装置

眼科で最も一般的なレーザー治療機器で、特に糖尿病網膜症や網膜裂孔などの治療に用いられます。また硝子体手術時の眼内光凝固をする際にも用いられます。

写真:乱視矯正眼内レンズ

YAG(ヤグ)レーザー装置

特殊なレーザー光線を用いたレーザー治療装置で、主に後発白内障や急性緑内障などの治療に用いられます。

ページトップへ戻る

当院のITシステムIT System

写真

電子カルテ・レセコンシステム「ダイナミクス」

当院では電子カルテ・レセプト(診療報酬の会計)が一体型となったシステムであるダイナミクスを使用しています。このシステムの利点は、ソフトの改造が認められているため当院仕様にカスタマイズできることや、医師が直接会計を把握できることなどがあります。このため、院内作業の効率化による待ち時間の短縮、患者の自己負担額を考えながらベストな治療の選択を行うのに有用です。

写真

順番表示システム

当院では待合室からご自身の順番待ち状況を大型液晶ディスプレイにて確認できます。眼科独特の視力検査待ちや眼底検査待ちなどもそれぞれ区分けされて表示されます。これによりおおよその順番が予想できます。

ページトップへ戻る
(C)2014-2018 Izumi Ganka. All Rights Reserved.